郵便でダイレクトメールを送る際のポイント

チラシ・フライヤーなど印刷物を媒体とした案内をダイレクトメールで送る際、日本郵便を配送業者として検討される方が多いと思います。本ページでは日本郵便を活用してダイレクトメールを送る際に知っておくべき特徴、種類、詳細、関連サービスなどについて解説をします。
また最後にダイレクトメールを送る際の最適な、弊社のダイレクトメール発送代行サービスについてご案内いたします。

ダイレクトメールを郵便で送る際の注意点

ダイレクトメールを送る際に最も注意すべき点は、送付するダイレクトメールが信書にあたるか否かです。信書は法律上、郵便でしか送ることができません。
送付しようとするダイレクトメールが信書の場合、ゆうメールや他社のメール便(ヤマト運輸のクロネコDM便、佐川急便の飛脚メール便など)は利用できませんので注意が必要です。

●信書とは
信書とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法及び信書便法に規定されており、本文に受取人の氏名が記載されていたり、差出人と受取人の間に商品購入や契約関係などについて、明らかな文言が記載されていたりする文書を指しますが、非常にわかりづらいので、以下のとおり例示します。

信書の具体例:

  • 書状(手紙のこと、私的な文書のこと)
  • 請求書等、会議召集通知等、許可書等、証明書等
  • ダイレクトメール
  • 文書自体に受取人が記載されている文書
  • 商品の購入等利用関係、契約関係等特定の受取人に差し出す趣旨が明らかな文言が記載されている文書

信書では無いものの具体例:

  • 書籍の類、カタログ、小切手の類、プリペイドカードの類、乗車券の類、クレジットカードの類、会員カードの類
  • ダイレクトメール
    専ら街頭における配布や新聞折り込みを前提として作成されるチラシのようなもの
    専ら店頭における配布を前提として作成されるパンフレットやリーフレットのような もの
  • その他

送りたいダイレクトメールが信書にあたるかどうか迷った場合は、郵便局もしくはダイレクトメール発送代行業者に確認してみましょう。

※信書の詳細については、下記リンクからご確認ください。
総務省 「信書のガイドライン」より
https://www.soumu.go.jp/yusei/shinsho_guide.html
郵便局 よくあるご質問「信書に該当するものを教えてください」より
https://www.post.japanpost.jp/question/57.html

郵便局のダイレクトメール送付サービスの詳細

日本郵便でダイレクトメールを扱うサービスには、郵便、ゆうメール、ゆうパケット、タウンメール・タウンプラスなどがあります。上述の通り、信書は郵便でしか送ることができませんが、信書でない場合はゆうメールを活用できます。また、厚みのあるカタログやCD-ROMなどを送りたい場合は、ゆうパケットを活用する場合もあります。ここからは、それぞれについて詳しくご説明いたします。

郵便

はがき

「通常はがき」には、郵便局などで販売される官製はがきと、多くの企業等がハガキでDMを発送する際にオリジナルで製作する私製はがきがあります。また、往信用はがきと返信用はがきを一続きにした「往復はがき」もあります。

※ハガキについて詳しくは下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/standard/two/type/size.html#main

定形郵便物

ハガキ大の用紙が入る洋形2号の封筒、長3サイズの封書や長3大判はがきのダイレクトメールを発送する際には、定形郵便を利用します。

定形外郵便物

定形外郵便には、そのサイズや重さにより「規格内」と「規格外」に分類され、それぞれ郵便料金が異なります。ポスターを折らずに封入できる円筒形のものを送ることもできます。

※定形郵便物・定形外郵便物について詳しくは下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

大口・法人向けの割引制度

ダイレクトメールを発送するにあたり、以下の割引制度を利用して郵便コストの削減をすることができます。

広告郵便物割引
信書のダイレクトメールを大量に送る際は、「広告郵便物」を活用すると良いでしょう。広告郵便物制度を活用すると、ダイレクトメールのコストの中でも最も高い配送コストを、最大44%も削減できます。

  • 広告郵便物とは
    郵便物(通常はがき、往復はがき、定形・定形外)のうち、送り主の「商品の広告」、「役務の広告」、「営業活動に関する広告」を目的とし、形状及び重量やその内容が同一のもので、大量に作成された印刷物として郵便局が認めたものを言います。
    ※企画PR誌、政治・宗教広告、求人広告等は、広告郵便物に該当しないとされているので注意が必要です。
  • 広告郵便物には承認が必要
    所定の「広告郵便物承認請求書」に印刷物の見本(入稿予定の原稿)を添えて取扱郵便局に提出して承認を受けます。なお、承認には最低1週間程度かかりますので、差出日から、印刷・区分作業などの日数を逆算した上で、承認請求を提出しましょう。
    ※請求すれば承認される訳ではありませんので注意して下さい。
  • 差出通数
    数量に定めがあり、同時に最低2,000通以上の差出通数が必要です。なお、差出通数により割引率が変動します。
    ※送り主が、承諾する送達日数に対する余裕の程度に応じても割引率は変動します。

※広告郵便物について詳しくは下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/discount/ads.html

区分郵便物割引
広告郵便に該当しない大量のダイレクトメールを発送する場合にも、事前に郵便区番号ごとに区分することにより、最高16%の割引が適用されます。

  • 区分郵便物とは
    郵便物(通常はがき、往復はがき、定形・定形外)のうち、形状、重量及び取扱いが同一のものに限られます。例えば、広告郵便物に該当しない広報誌、企画PR誌、政治・宗教広告、求人広告や、各種統計調査の案内、アンケート用紙、通知書及び企業などの請求書、納品書等を送る場合などに活用できます。
  • 差出通数
    数量に定めがあり、同時に最低2,000通以上の差出通数が必要です。なお、差出通数他により割引率が変動します。
    ※送り主が、承諾する送達日数に対する余裕の程度に応じても割引率は変動します。

※区分郵便物について詳しくは下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/discount/kubun.html

バーコード付郵便物割引
封筒の材質等が一定の条件を満たす定形郵便物、通常はがき、往復はがきに、所定のバーコードを記載すると料金が割引されます。

  • 差出通数
    枚数に定めがあり、同時に最低1,000通以上の差出しが必要です。割引率は一律3%(往復はがきは1.5%)となります。

※バーコード付き郵便物については下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/discount/barcode.html

郵便区内特別郵便物
郵便物の引き受けおよび配達が同一地域(郵便区)内で、一定の条件を満たす場合は割安な料金の適用が受けられます。

※郵便物区内特別郵便物については下記リンクをご覧下さい
https://www.post.japanpost.jp/service/discount/shinai.html

ゆうメール

ゆうメールは信書に当たらない、1kgまでの冊子や印刷物、CDやDVDを、普通郵便の料金より安く送ることができるサービスです。具体的には、プロモーションのチラシ、リーフレット、フライヤー、通販サンプル、会報誌、薄いカタログ、パンフレット、招待状、ティッシュ、各種景品、ボールペン、サンプル品などの発送ができます。

なお、請求書や通知、個別の案内手紙など、信書にあたるものは送ることができませんので注意が必要です。

-送付可能なサイズや重さ
大きさは、長さ34cm以下、幅25cm以下及び厚さ3cm以下。 重さは1kg以下。

-料金(全国一律)

重量~150g~250g~500g~1kg
運賃180円215円310円360円
※大口向けの割引制度あり

-荷物追跡サービス
なし

-発送日数
差出日の翌々日以降(宛先によって異なります)
※2021年10月以降より、土曜日・日曜日・休日の配達が休止となりました。

-発送方法
郵便窓口かポスト投函
※集荷サービスはありません。

-支払い方法
料金の支払い方法は現金又は郵便切手、後納・別納、又は受取人払いもしくは着払いが可能です。一般には別納での支払いが便利です。

-オプションサービス
速達、書留、発送証明、引受時刻証明、特定記録、本人限定受け取り、代金引換、配達日指定、着払い、バーコード割引などの郵便オプションを利用可能です。

-その他
日本郵便は転居の届けをしておけば、郵便・ゆうメール便とも転送サービスの対象となります。一方で、ヤマト運輸では、宅急便(宅配便)は転居先を登録しさえすれば転送してくれるのですが、現時点でクロネコDM便は、その対象となっておりません。配送の無駄を減らすためには転送サービスがある日本郵便を活用するほうがお得です。

※ゆうメールについて詳しくは下記リンクをご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/service/yu_mail/

ゆうパケット

小さな荷物の発送にピッタリのサービス。分厚いカタログなどゆうメールのサイズ・重量では対応できないものはゆうパケットを活用します。

※類似の他社サービスにヤマト運輸のネコポスがあります。ゆうパケットのご利用を検討の際には、比較検討されることをお薦めします。

-送付可能なサイズや重さ
3辺合計60cm以内、長辺34cm以内、厚さ3cm以内。
重さ1kg以内

-料金

厚さ1cm以内2cm以内 3cm以内
運賃250円310円360円

-荷物追跡サービス
あり

-発送日数
一部地域を除き、差出日の概ね翌日から翌々日 ※土曜日・日曜日・休日も配達されます。

-発送方法
郵便窓口かポスト投函

-支払い方法
運賃は、現金又は郵便切手、後納又は受け取り人払いもしくは着払いが可能。

※ゆうパケットについて詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://www.post.japanpost.jp/service/yu_packet/

日本郵便のダイレクトメール関連サービス

〇JPMDゆうメール
日本郵政グループの1つであるJPメディアダイレクト社がダイレクトメールのデザイン、印刷、メーリング作業、差し出しまでを代行します。最低発送通数が50,000部からとなり、規模の大きなダイレクトメール発送向けのサービスとなります。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://www.jp-md.co.jp/dm/yu_mail/

〇ターゲティングDM
JPメディアダイレクト社が提携している携帯キャリアや通販事業者の顧客データベースからターゲット層のセグメントを抽出し、自社の案内を送ることができるサービスです。自社に名簿が無くてもダイレクトメールの送付ができます。こちらも最低発送通数が30,000部からとなります。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://www.jp-md.co.jp/dm/targeting_dm/

〇宛名データを使わないエリア発送

□タウンプラス
特定エリア町丁目単位のポストに宛名なしのDMを配送できます。ポスティングに近いサービスですが、あて名リストが手元に無いが、特定エリアに情報を届けたい場合は、タウンプラスを活用する手段もあります。
ただし地域単位の配送となり、事業所やワンルームマンションを外したいなど細かい要望への対応ができないので、結果としてコスト高になりがちです。弊社ではポスティングをおすすめしています。 最低発送通数が50,000部からとなります。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://www.jp-md.co.jp/dm/town_plus/

□タウンポス
タウンプラスにポスティングを組み合わせたJPメディアダイレクト社のサービスです。ポスティングのカバー率が低いエリアはタウンプラスを採用します。最低発送通数は50,000部からとなります。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://www.jp-md.co.jp/dm/town_pos/

郵便で送ることができるダイレクトメール

郵便とはハガキ、定形、定形外で送る印刷物を指します。顧客へアプローチするにあたり、どのようなサイズが最適かは商材単価や伝えるべき情報量などによって検討しましょう。以下では郵便で送ることができるダイレクトメールについて、サイズごとに種類や特徴について解説します。

はがき

普段よく使用する通常はがきに加え、大判はがきと言われる長3はがき、A4はがきが、ダイレクトメールでは一般的に利用されています。開封の必要が無いために受け取ったらすぐに閲読できるため、情報が伝わりやすくセール情報やクーポン情報などのお知らせを目的として活用できます。

〇通常はがき
ダイレクトメールの中で最も安価に送ることができる手段が通常はがき(縦148mm×横100mm)です。ハガキサイズと言えば、一般にこのサイズを指します。
①郵便(はがき)
②ゆうメール
・価格的に、大口・法人向けの割引制度がある郵便が最も安い場合が多いです。

〇長3はがき
長3ハガキ(23.5㎝×12㎝)は、A4ハガキと比べて制作・印刷コストが安く、かつ通常のハガキより情報量を多く掲載することができます。
①定形郵便
②ゆうメール
・広告郵便に該当する場合は、郵便が安値の場合が多いですが、ゆうメールが安い場合もあるので、事前に確認しましょう。

〇A4はがき
A4サイズ(29.7㎝×21㎝)のチラシをハガキのように差出すこともできます。はがきと同様に受け取ったらすぐに閲読でき、さらに普通のハガキと比べ、約4倍の面積があり、多くの情報掲載が可能です。
①定形外郵便
②ゆうメール
・価格的に、ゆうメールの方が安いので、事前に相見積もりをとるなど確認しましょう。

圧着はがき

圧着加工されたハガキのことを言い、同サイズのハガキと比較して、V型ならば2倍、Z型ならば3倍の情報を載せることができます。作成にあたっては、開封を促す訴求を心掛け、より反響を上げる工夫をしましょう。

〇圧着はがき
圧着はがきは、通常はがきよりも広い面積が取れます。お客様の中身が気になるといった心理をうまく利用して開封率を高めましょう。返送先の住所・宛名を印刷しておけば、往復はがきのように返信用ハガキとしてもご利用いただけます。
①郵便(はがき)
②定形郵便
③ゆうメール

  • 価格的に、大口・法人向けの割引制度の利用で、郵便が安値の場合が多いです。なお、重量が6gを超える場合、定形郵便物扱いとなりコストが上がります。

〇長3圧着はがき
通常はがきより情報量を多く記載できる長3サイズの圧着ハガキを発送することができます。ハガキタイプと異なり、圧着面は第三者に見えないのでプライバシーの確保もできます。
①定形郵便
②ゆうメール

  • 価格的に、広告郵便に該当する場合は、郵便が安い可能性が高いのですが、ゆうメールの方が安価な場合もあるので、事前に確認しましょう。

〇A4圧着はがき
A4ハガキDMを圧着はがきタイプで差出すと、さらに多くのインパクトのある情報を掲載できます。前述のとおりV型やA4ハガキの3倍の情報量のあるZ型などをお選びいただけます。
①定形外郵便
②ゆうメール

  • 価格的に、ゆうメールの方が安いので、事前に相見積りをとるなどして確認しましょう。

封筒(封書)

挨拶状・カタログ・チラシ・フライヤーなど複数枚の封入物がある場合は、封筒を活用します。封書のダイレクトメールを送る際には、ハガキ大の用紙が入る洋形2号(16.2㎝×11.4㎝)の封筒、A4判を横三つ折りで封入できる長3封筒や、A4サイズ大のまま封入して送れる角2封筒などを利用します。

封筒の種類

□紙封筒
紙封筒は、その用紙の紙質、厚さ、手触りなどによって重厚感や高級感を意図的に表現でき、封入物も見えないため、ハイエンド商材やコンプレックス商材のダイレクトメールに適していると言われています。一方で、開封しないと中身がわからず、封筒表面に単に宛名を記載するだけでなく、開封させるための仕掛けが重要です。また、コストがやや高いというデメリットもあります。 紙封筒は、用紙選びから封筒の表裏面に印刷・加工するなど一から制作することも、既製の紙封筒に、社名などを簡易印刷することもできます。

□OPP封筒
ビニール封筒には、OPP封筒とCPP封筒があります。いずれもポリプロピレン(PP)を素材とした合成樹脂フィルムですが、透明度が高く、コストも安いOPP封筒が一般的です。
CPP封筒は、OPP封筒と比較して透明度が低く、コストも高いのですが、強度が優れていることから、厚みや重量のある通販カタログなどを封入・発送する際に最適です。 紙封筒と比較した場合、ややチープで高級感に欠けますが、コストが安く、防湿性や耐水性に優れています。

〇洋形2号封筒
はがき大の用紙が入る封筒で、一般企業や社団法人など各種法人の組織・役員変更等の案内状や招待状でお馴染みのサイズです。
①定形郵便
②定形外郵便
③ゆうメール

  • 価格的に、広告郵便に該当する場合は、郵便が安い可能性が高いのですが、ゆうメールが安い場合もあるので、事前に確認しましょう。
  • なお定形郵便であれば、25g以内、50g以内という二段階の料金設定が有ります。また50g以上はサイズに関係なく定形外郵便の扱いとなります。

〇長3封筒
長3封筒は、A4版の挨拶状、チラシ・フライヤーやリーフレットなどを横三つ折りで封入することができます。
<DM発送方法の選択例>
①定形郵便
②定形外郵便
③ゆうメール

  • 価格的に、広告郵便に該当する場合は、郵便が安値の場合が多いのですが、ゆうメールが安い場合もあるので、事前に確認しましょう。
  • なお定形郵便であれば、25g以内、50g以内という二段階の料金設定が有ります。また50g以上はサイズに関係なく定形外郵便の扱いとなります。

〇角2封筒
日本で最もポピュラーに使われている紙のサイズが、A4サイズ(29.7㎝×21㎝)です。A4用紙に印刷したチラシ・リーフレットを折り曲げずに封入する場合や、A4サイズの書籍・雑誌・会報などの冊子印刷物、パンフレット・カタログなどを発送する場合には、角2封筒(33.2㎝×24㎝)が便利です。
①定形外郵便
②ゆうメール

  • 価格的に、ゆうメールの方が安いので、事前に相見積もりをとるなど確認しましょう。
  • なお、郵便・ゆうメールの場合、配達日指定サービスを利用できますが、追加コストが発生するためコスト高となります。
  • その他にレターパックで送る方法もありますが、信書でなければ、ゆうメールで送付するほうがお得です。

「激安!DM発送代行サイト」サービス紹介

例えばダイレクトメールを送る目的が新規顧客の開拓か、それとも既存顧客に送るのかで企画やデザインなどが異なります。また送るダイレクトメールの量や種類によって、最適な配送業者の選定にも多くのノウハウがあります。
ここからはDM発送代行「激安!DM発送代行サイト」のサービス概要についてご説明いたします。

〇弊社の提供するDM代行は、企業と顧客を結ぶ販促ソリューションサービスです。
ダイレクトメールには、WEBマーケティングだけではリーチしない顧客にも、メッセージを直接届けることができるというメリットがあります。
EC通販事業や新規事業の立上げ時など、DMによる営業、顧客開拓、売上アップの貢献等、様々な業種の会社様を着実にサポートしてまいりました。
その確かなノウハウと実績により、多くの企業様からリピートをいただくなど、ご信頼を得ております。

※反応(レスポンス)率が上がる効果的なDMの作り方はコチラ
https://dm-gekiyasu.com/effectiveness/

〇弊社のDM代行が安いワケ
弊社では、ダイレクトメール印刷、宛名印字、封入・封緘、郵送準備作業からDM郵送までをワンストップサービスで一貫して請け負う事で、格安低価格を実現しています。
弊社は1年間で大量のDM印刷、宛名印字、郵便(はがき、定形、定形外)やゆうメールでの郵送DMの発送を行なっています。その印刷・発送実績から安い単価や有利な条件で契約するなど、コストの削減を図ることができます。 印刷~DM郵送まで安心と実績の一括代行。郵便DM料金最安値に挑戦し続けています。

詳しくは、『激安になる理由』をご覧下さい。
https://dm-gekiyasu.com/cost-plan/

お客様のニーズに合わせて「選べる4つ」のプランをご用意しております。

最適プランで納期もコストも大幅削減します!

〇丸々代行プラン
DM関連業務をすべて依頼するならば、「丸々代行プラン」がおすすめです。DM企画のコンサルティング・デザイン制作・印刷・宛名印字・発送作業・郵送まで全てを代行いたします。最適かつ最安の配送業者の選定や諸々の申請・手続きといったソリューションまで全てのサービスを代行します。
デザインにあたっては、はがきDMはもちろん、圧着ハガキDMには様々なサイズや圧着の方法やずらし加工などがございますので、それらの仕様に合わせたテンプレートをご用意させていただいております。

〇丸投げプラン
すでにDMの形態やデザインが決まっているならば、データを入稿していただき、印刷工程から代行する丸投げプランがおすすめです。
「DM印刷→宛名印字→発送作業→DM郵送」といった、印刷から郵送までのフローを一貫して代行致します。経験と実績により確立された当社の郵送DM発送システムで、スピーディーなDM郵送を実現しませんか?
DM印刷から郵送に至るまで、丸投げプランのワンストップサービスで、ダイレクトメール初心者でも迅速に、かつストレスフリーでDM郵送を行えます。

〇お手軽プラン
送付予定のDM印刷物がお手元にある場合、宛名ラベルを作成、印字までをおまかせいただくお手軽プランがおすすめです。DM宛名の印字は、発送部数の大小や、はがきなのか透明封筒なのかといった仕様別によっても、それぞれに最適な方法のチョイスがあります。また、その選択により、印字に要する日数や単価が異なるケースがありますので、事前にご相談ください。

〇手抜きプラン
郵送準備作業以降のみの代理も承っております。封筒への袋詰めや宛名ラベルを貼る作業も数量が増えるとかなりの負担となります。これらの負担を代行し、郵送DM発送を激安価格にてご提供します。

※上記プラン以外にも、「ここだけ」「あれだけ」、お気軽に何でもご相談下さい。単価優先、スピード優先、イベントなどのスケジュールや日程に合わせて、複数回に分けて…など、お客様の多種多様なご希望やご要望に柔軟にお応えし、お得かつ最適なプランをベストプライスにて、ご提案させていただきます。

〇日本全国47都道府県どこからでもご利用いただけます!
東京・大阪・名古屋・福岡をはじめ、日本全国47都道府県、北は北海道から、南は沖縄県のどこからでも郵送DM代行のお問合せを承ります。

〇弊社のDM郵便代行サービスの強み
激安価格、スピード納期、最高品質でダントツのダイレクトメール印刷を提供できること。10万部以上の大量部数の印刷から、10万件未満の中ロット、1万件未満の小口ロットに至るまであらゆるロットのDM印刷に応じることができます。DMの目的や内容、デザインに合わせた印刷用紙など資材の手配から、手間のかかる印刷物や封筒、特殊な加工を要する印刷など、郵便ダイレクトメールに関する業務全般は、安心して弊社に丸ごとお任せ下さい。

〇印刷から郵送まで、最短3日で対応
急ぎのご依頼にも対応いたします。長年の実績により確立された、弊社の正確、迅速な郵送DM発送システムにより、ダイレクトメール印刷からDM郵送までご注文の受付(お支払いの完了)から最短3日間のワンストップで完了致します。

〇激安価格・スピード納期・最高品質、充実のDM印刷サービス
封入するチラシ・フライヤー、パンフ、カタログ、ポスターの印刷から特殊DMの印刷も対応可能。さらに多版種対応、店舗や施設マップの刷り分けなど特殊印字、複雑な加工、帳合、挟み込み等の数々の実績が有ります。ご検討の際には、ぜひご相談ください。

〇印刷のご依頼も簡単
イラストレーターなどで作成したデータであれば、もちろんそのまま入稿OK!ワードやパワーポイントなどで、作成した文書ならPDF(X-1a)形式での入稿が簡単です。

煩雑な広告郵便物の申請手続きもお任せ
また、いろいろと煩雑な広告郵便物の申請手続きもお任せください。封筒や印刷前の見本をお送りいただければ、広告郵便の代理申請も致します。

〇個人情報などの取り扱いも安心しておまかせください
今の時代、個人情報・機密情報の漏えいは大きな問題です。
当社では個人情報保護法(プライバシーマーク)の範囲だけでなく、情報セキュリティ事故を未然に防止するため、ISMS[ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)]認証を取得、万全の体制と環境で徹底した取り組みを実施しております。

※内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が策定した「政府機関の情報セキュリティ政策のための統一基準」では、委託先の選定基準策定に当たって、事実上、ISO/IEC27001=ISMS認証取得を条件化しています。
参考 URL https://www.nisc.go.jp/policy/group/general/kijun.html

弊社について

激安!DM発送代行サイトを運営会社する株式会社オプティワイズは、個人情報保護法(プライバシーマーク)の範囲だけでなく、情報セキュリティ事故を未然に防止するために国際認証ISMS[ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)]を取得、万全の体制と環境で徹底した取り組みを実施しております。
またこれまでに不動産会社様、保険会社様、飲食店様、宿泊施設様など数多くの業種でのダイレクトメール発送代行の実績がございます。

詳しくは下記リンクをご覧ください。
https://dm-gekiyasu.com/guide_top/

お問い合わせ

ダイレクトメールに関する専門ノウハウを活かし、専任スタッフが丁寧にお客様の疑問に懇切丁寧にお応えします。お電話(ご相談・お問合せ)のみで費用が発生する事は一切ありません。
DM郵送の相見積りも大歓迎!
DM印刷~郵送まで一括代行、丸投げ大歓迎 他社より1円でも高い場合はご相談下さい。
見積は、お急ぎの場合は当日中に、遅くとも翌日中に、ご返信いたします。
フリーダイヤルまでお気軽にお電話下さい。

この記事を書いた人

サイト管理人